アリタスについて&想い

御挨拶

はじめまして
兵庫県芦屋市在住のKIYOMIと申します。
手に取った布に、『あなたは何になりたいの?』と尋ねながら、
普通なのに・・・ちょっと他とは違う オリジナリティーのある服をモットーに
大阪で婦人服のデザイナーをしておりました。

そんなある日、亡き祖母が大事にしていた帯をゆずり受け、
私も身につけたい・・・
でも帯のままでは・・・
そして帯を手に取り『あなたは何になりたいの?』と問いかけました。

そして、出来上がった、ひとつのかばん。
大好きだった祖母の想い出がたくさん詰まったかばん。
どこに行くのも一緒です、まるで祖母が側にいるような温かみが感じられました。

ひとつの帯が想像以上、素敵に蘇り・・・これは楽しい!!
タンスに眠っている帯を もう一度 私の手で生き返らせてあげたい!

そんな想いを胸に刻み、試行錯誤のサンプル作りが始まりました。
何度もなんども改良を繰り返し・・・これまで街で見かけた事のないテーストのブランド
ARI+JAPAN(アリタスジャパン)が誕生いたしました。

私の原点

洋裁の仕事に携わっていた母の裁断台の下が私の遊び場。
ピンクッションにマチ針を刺して、花柄を描いて一人妄想していた幼少の頃。
おもちゃや人形で遊ぶより、ファッション誌を母に見せ、教えてもらいながら洋服を作ることが大好きだった・・・そんな子供時代だった記憶があります。

運命のレールに乗り・・・

服飾専門学校卒業後、アパレル業界でデザイナーとして働き、2012年12月12日独立。
緑と海に包まれた 芦屋のアトリエから日本人としての誇りを持ち、
私にしかできない日本独自のスタイリッシュを発信中。

これからも『あなたは何になりたいの?』と帯や着物に尋ねながら
バッグや雑貨、一つひとつ丁寧に心を込めて製作して参ります。
皆様のお手元に、〝粋"〝かわいい"〝楽しい"をお届け出来れば幸いです。

About us~実績と活動~

イベントの様子●文部大臣認可洋裁技術基礎上級 合格

●専修学校服飾教員 免許

●エンディングセミナー、終活セミナー
 帯のリメイクのご相談・ご提案~大切な方への想いを世界でたったひとつのカタチに
 ★一般財団法人エンディングサポート協会 神戸三宮相談センター
 ★コープこうべ葬祭事業 クレリ 他

●京都祇園白川 料理旅館 白梅 にて館内販売 (2015年9月より)

●欧米進出支援 『日本のデザイン雑貨』のカテゴリーで選出され、
ARITUS-JAPAN.CO の商品がフランスとドイツの三か所でご紹介いただきました。
 ★MAISON&OBJET in Paris
http://www.maison-objet.com/
 【会 期】Jan. 23-27, 2015
 【場 所】パリノール・ヴィルバント見本市会場 HALL6 Q14-R19
 【ブース】Sozai Premium Japan (Kiyomi HAMA)

 ★Discover Japan shop における内覧会 in Paris
 【会 期】January 29, 2015(Thu)-30(Fri)
 【場 所】12 Rue Ste-Anne 75001 Paris

 ★Ambiente in Frankfurt
  http://ambiente.messefrankfurt.com
 【会 期】Feb. 13-17, 2015
 【場 所】ドイツ・フランクフルト国際見本市会場 Hall 9.3, E59
 【ブース】Shokokai Japan (Kiyomi HAMA)

MY MISSION

明治・大正・昭和(1868~1989)時代を駆け抜けた帯や着物。
生活スタイルの変化とともに 使命を終え姿を消しつつあります。

日本の伝統技術が織なす世界に誇れる文化を永遠に受け継がせていきたい。
帯の個性をそのまま生かし、形を変えて再び産声あげて輝き放ってほしい。

そんな私にしかできない仕事

日本古来伝承の素晴らしい、世界に誇れる日本文化を身近に感じ伝えていきたい。

私は、小粋な和文化継承人でありたい。

What is ARI+JAPAN ? アリタスジャパン名前の由来

ARI+JAPAN ロゴ

一番好きな言葉が「ありがとう」
暖かく、笑顔を誘う魔法の言葉「ありがとう」を伝えたい!!

アリタス(ARITUS)=あり(が)10=ありがとう

ラベルのデザイン、渦は無限大の可能性をイメージしており、
色々な♡愛の弓矢が放たれますようにという
ARI+からのメッセージを込めています。

新たに出逢うすべての皆様へ
〝粋”〝かわいい”〝楽しい”を感謝の気持ちを込めてお届けし、
ありがとう(ARIGATO)と思っていただければ幸いです。

Concept コンセプト

  • ARI+JAPANは、
    日本の着物文化の伝統継承の一端を担うブランドです。
  • ARI+JAPANは、
    Made in Japanにこだわります。
  • ARI+JAPANは、
    バッグや雑貨をありがとうを込めて発信します。

Philosophy of ARITUS-JAPAN

オーダーメイドをお請けする際、いつも感じている。
それぞれのお客様が生きてきた証の帯物語、時代を駆け抜けてきた一族の物語がある事を。

このお話は、お客様から実際にお聴きしたものです。

時は第二次世界大戦末期
都会に暮らす吉子ちゃん、7歳。
空襲による被害を避けるため、田舎への集団疎開を経験した。
そこに固形の食べ物は何もなく、味のないトウモロコシの粉末スープをすする日々。
息する=生きる事で精一杯だった。
1945年8月、終戦後の空は静か、そして愛しい母のもとへ・・・

すべてが消えていた。家・街・人
戦後70年を過ぎた今、吉子ちゃんの脳裏に刻まれた映像がフラッシュバックした。

「疎開する際、母さんが背負わせたくれた帯や着物を少しずつ食物と交換して
戦後の混乱を生き延びたのよ!」

そして、「この帯は自分で購入したもの。何も話す事なんてないわよ!」と優しく微笑む。

吉子さま、
あなたが生きてきた証の帯物語、あなたとあなたの先祖が生きてきた証の帯物語です。

私は、
時代を駆け抜けてきた着物や帯に敬意を払い
新しいカタチとして後世に受け継ぐ継承人であり続けたい。

Creator はまきよみ