帯バッグ

帯バッグ|大容量 超軽量 帯 ショルダー トート バッグ-A4対応[14045]博多織C-帯リメイク/和柄 トート/日本製

No.14045

¥59,000 (税込)

  • 数量
size 高さ29 × 幅44 × 底マチ幅13cm
weight 365g
handle 幅1 × 長さ46 × 高さ21cm

驚きの超軽量、大容量の帯ショルダートートバッグは、世界にたった一つのオリジナル!!
お洒落にお出掛け,ビジネス,デイリー,お稽古・・・小粋に活躍する肩掛けバッグ(鞄)!
A4サイズの雑誌や書類、500mlペットボトル、お弁当箱も納まるトートです。

~アンティーク 帯リメイク!手作り(ハンドメイド)の帯バッグ~

・ショッキングピンク地と亀甲柄のコントラストが色鮮やかなアンティーク博多帯です。
・帯以外、全て新布を使用しております。
・裏地は、黄色の綿ブロード地にオレンジ配色ポケット(4箇所収納)
・肩掛けできる天然牛革の持ち手は、裏面も丁寧に同色処理され毛羽立ちません。
・しっかりした底板で型崩れしません。
・マグネットホック、見返し口に付けました。

素材本体 ・表:アンティーク博多帯 - 絹100%
・裏地:綿 100%
持ち手 天然牛革
見返し口&底 ブルーデニム
ポケット 内ポケット:4
原産国 日本

♡縫製へのこだわり♡
品質を上げる為に、手をかけた縫製にこだわります。
  ●全商品をデニムステッチ用の太い糸(20番手)で縫っております。
  ●全商品、全ての糸端を裏側で結び留め処理します。

プチ情報ですが「博多織 献上(はかたおり けんじょう)」とは…?
福岡県福岡市の主に博多地区で特産とされる絹織物。鎌倉時代の1241年に円爾(弁円)と共に宋から帰国した博多商人の満田弥三右衛門(1202年-1282年)が持ち帰ったとされています。
唐織の技術が博多織の始まりとなり、江戸時代(1603年~)福岡藩黒田氏から徳川将軍家に献上された事から、特に最上の物を献上博多などとも呼ばれます。

プチ情報ですが「亀甲紋」とは…?
亀の甲羅の模様を文様化したもので平安時代(794年~)には、衣服や調度品に亀甲模様をつけることが流行しました。亀は鶴と並び称されて「鶴は千年、亀は万年」などと、長寿のシンボルとして尊ばれています。亀甲が文様や紋章として用いられた意味は、六角形からくる均整のとれた幾何学的な美しさと、長寿の象徴として亀のもつ吉祥的な意味からです。

帯バッグ

帯バッグ|大容量 超軽量 帯 ショルダー トート バッグ-A4対応[14045]博多織C-帯リメイク/和柄 トート/日本製

No.14045

¥59,000 (税込)

  • 数量

page top