帯ポーチ

帯 フラット ポーチ|小物入れ,スマホ,パスポート ケース[1628]赤リング×博多織縞柄-帯リメイク/和柄ポーチ/日本製

No.1628

¥7,800 (税込)

  • 数量
size H11 × W18 × D0cm
weight 49g

小粋な和柄のアンティーク帯ポーチは、世界にたった一つのオリジナル!!
表と背面、2柄を楽しめるトゥーフェイス、2種類のアンティーク帯のコントラストが小粋♪
スマホケース、通帳・印鑑などの貴重品保管に最適なサイズです。
帯の膨らみある肉感が、収納したものを優しく保護 します。

~アンティーク 帯のリメイク!手作り(ハンドメイド)の帯ポーチ~

・2種類のアンティーク帯を使用しています(トゥーフェイス)。
 表面は、乳白色の綿かすり織地にワインレッドのリングが描かれたアンティーク帯。
 背面は、ボーダー柄の博多献上帯(絹)
・表面、背面のコントラストが美しく、違った雰囲気を楽しめます。
・裏地は、黄色の綿ブロード。チャックも同色の黄色。
・サイドのチェーン先にナスカン付き、バッグの持ち手などお好きな場所に吊るせます。

◆素材
表は、綿のアンティーク帯地。
その他資材全て新品です。 裏地は、綿ブロード。 
ファスナーは、厚みのある4番使用 
サイドチェーンストラップの長さ18 cm

☆こだわりの縫製 ☆
 品質を上げる為に、手をかけた縫製にこだわります。
  ●全商品をデニムステッチ用の太い糸(20番手)で縫っております。
  ●全商品、全ての 糸端を裏側で結び留め処理します。
  ●裏地の留め付けは、スッキリ丁寧に仕上げるテクニックとし て、手まつりと返しぐけで処理しております。

プチ情報★「博多織 献上(はかたおり けんじょう)」とは?
福岡県福岡市の主に博多地区で特産とされる絹織物。鎌倉時代の1241年に円爾(弁円)と共に宋から帰国した博多商人の満田弥三右衛門(1202年-1282年)が持ち帰ったとされています。
唐織の技術が博多織の始まりとなり、江戸時代(1603年~)福岡藩黒田氏から徳川将軍家に献上された事から、特に最上の物を献上博多などとも呼ばれます。

~帯のリメイク・オーダーメイドも承っておりま す~
お手持ちの帯・着物から・・・あなただけの、世界でたった一つのカタチにお作りいたします


※オーダーメイド実例など ご紹介しております。 ARI+JAPAN(ア リタスジャパ ン) オーダーメイド専用サイト
※そ の他製品に関することお気軽にお問い合わせ ページからご連 絡下さい。

帯ポーチ

帯 フラット ポーチ|小物入れ,スマホ,パスポート ケース[1628]赤リング×博多織縞柄-帯リメイク/和柄ポーチ/日本製

No.1628

¥7,800 (税込)

  • 数量

page top